トランクルームに住むことはできないのか?
そんな考えを持つ方が少なくないことに驚いています。
確かにいくら安いワンルームと比べてもトランクルームの低家賃にはかないません。
ただ雨露がしののげればいい?!

そんな考えからきっと「トランクルームに住む」ことを思いつくのかもしれません。
でも・・・

年収100万円台の衝撃。トランクルーム1畳半に住む40代に聞いた
窓のない約1畳半の貸し倉庫に住む
「バイトや派遣で生計を立ててきましたが、3年前の派遣切りでアパートの家賃が払えなくなった。友人宅を転々とするも数か月で限界に……。そこで敷金・礼金の必要ない貸倉庫に住むことにしたんです」
 普段使っていないものを低価格で預かる「トランクルーム」。空きマンションを使った屋内型、郊外の道路沿いにある屋外型があり、どちらも窓もなく、薄い鉄板一枚で仕切る完全なる“倉庫”。本来は生活・寝泊まりが禁止されているが、利用料金の安さから住み着く人が増えているという。落合健太さん(仮名・44歳)もその一人だ。
 彼の“部屋”は東京・豊島区の雑居ビルの2階にある貸倉庫だ。広さは約1畳半、契約額は月2万円。カードキーを使いフロアに入ると、中央の狭い廊下の両脇に無機質なドアがずらりと並ぶ。ここには計50室の貸倉庫がある。
「窓がない密閉空間で、24時間電気はついている。携帯電話がなければ昼か夜かもわからない。カビとホコリの混じった臭いも酷く、とても人が住める環境じゃない。エアコンもないので夏場は蒸し風呂状態。最初の1か月は気が狂うかと思いました……でも、日雇い中心で月収10万円、年収100万円台では、ほかに行くアテもありません」
 昼は図書館や役所などの無料施設、夜は日雇い仕事で極力貸倉庫にはいないよう心がけているという落合さん。それでも仕事がない夜は、部屋で過ごすしかない。
「当然ながら台所はなく、火も使えないので自炊はできない。外食の余裕もないので、スーパーの割引惣菜や100円コンビニの値引き品しか口にしていません」

同じ倉庫に住む人に盗まれて…
 連日の猛暑で、室温は35℃に上昇。エアコンのない部屋で、命を削る生活を送る。
「凍っているお茶を買ってきて枕元に置いています。冷却ジェルシートも欠かせませんね。小型の手持ち扇風機も、音で住んでいるのがバレそうなので使えません」
 そんな過剰に耳を澄ます生活で落合さんの聴覚は冴えてしまう。
「ほかにも倉庫に住んでいる人がいる。物音が聞こえることがあるんです。今じゃ足音だけで誰かわかりますね(苦笑)」
 また倉庫内の「住人」同士のトラブルも絶えない。
「廊下の電源を借りてDVDプレーヤーを充電していたら、一瞬で盗まれた。以前、部屋が荒らされた形跡もありました。だからといって、隠れ住んでいる僕が管理会社や警察に訴えるわけにはいかない。また、つい先日は部屋のドアをこじ開けようとした倉庫荒らしに遭遇し、必死で内側から押さえ続けました。寝るときは扉にマグネットを2つつけ、割り箸を渡して“施錠”しているほどです」

 こんな極限状態の貸倉庫生活がいつまで続くのか。
「犯罪者でもないのに、こんな場所に住むのはもう限界です。国に頼ることも考えていますが、でも助けてくれるのか……」
 倉庫での自問自答は続く。
 過去に何があったにせよ、人としてこんな生活を強いられる筋合いはない。役所に行って生活保護の相談をするか(渋られる可能性もあるが)、一人では難しければ支援するNPOなどに協力してもらうか…。ともかく、誰かに相談してみてほしいのだ。

もしあなたがそんな安易な考えから「トランクルームに住む」なんてことを考えているのらそれは辞めておいた方がよいでしょう。
その理由はというと・・・・

トランクルームに住むのは危険がいっぱい

もちろんトランクルームは本来「居住用」として作られてはいません。
しかし、その家賃の安さから「なんとかトランクルームに住めないか?」と考える方もいるのですが、実は「トランクルームに住む」ということはたくさん危険があるのです。

トランクルームは内側から鍵をかけられない

ほとんどのトランクルームは内側から鍵をかけられないことが多く、それを見つけた不審者が不意に侵入してくることがあります。
本来は物を保管するためだけなので外側から鍵はかけれますが、「トランクルームに住む」となればいつ?誰かが?不意に?入ってきたらあなたはどうしますか?

なんらかの原因で外から鍵をかけられたら・・・?

それよりも怖いのが
「外側から鍵をかけられてしまったら?」
というケースです。

トランクルームの警備員が見回り巡回の時には、内緒でトランクルームjに住んでいるあなたはきっと息をひそめて隠れることでしょう。
そんな状況でトランクルームの警備員は
「あっ、きっと鍵をかけ忘れたんだろう」
と親切心とその不用心さから外側から鍵をかけてしまうかもしれません。
そんなことにでもなったのなら、もうあなたはそのトラックルームから脱出することはできません。
すぐに誰かが気付いてくれたのならいいですが、何日も気づかれないとしたら・・・
もはや、それは生命の危険すらあります。

トイレや水道もエアコンもないトランクルームには住めない

屋外型のトランクルームにはトイレも水道もありません。
もちろん、お風呂なんてあるはずもありませんし、カップヌードルを食べるためのお湯すら沸かせないのです。
空調もありませんから「暑い夏」ならきっと熱中症になってしまいます。
冬ならばいくらダウンジャケットを着て毛布にくるまっても子超え死ぬかlしれませんよ。。

屋内型のトランクルームには共同トイレもありますし、空調も完備されています。
しかし、屋内型トランクルームはセキュリティがしっかりしており、24時間管理体制がひかれていますから、「トランクルームに住む」あなたはすぐに不審者として見つかってしまうでしょう。

そもそもトランクルームに住むのは契約違反です


トランクルームは荷物を保管・管理を目的としていて、住居としての使用は認められていません。
ですので、もちろん住民t登録もできません。

もしトランクルームに住んでいるのがバレたら、即解約されてしまいます

もともとの目的以外の利用ですから、トランクルーム管理会社に見つかればすぐに強制解約です。
もちろんトランクルームには借地借家法の適用はありません。
トランクルームに住む人はそれをわかっているから、息をひそめてこっそり隠れ住んでいるんでしょうね、

「トランクルームに住み」以外で安く寝泊りできるのは?

トランクルームにむことも泊まることも禁止されています。
では、他になにか良い方法はないのでしょうか?

ネットカフェ

近年、安く寝泊りする方法としてネットカフェを利用することが注目されています。
ただ、最初に会員証を作るために「身分証明書」(運転免許証や健康保険証など)と入会金(数百円)を求められます。
ネットカフェは宿泊施設ではないので、「1泊〇〇円」という料金設定はありません。
個室ブースとオープンブースがあり、個室ブースで30分200円程度が基本料金です。
30分経過した後は10分ごとに延長料金が加算され、1時間で500円前後になります。
しかし長時間パック料金が設けられているところも多く宿泊するのであれば最初から長時間パック料金を選ぶほうがお得になります。
3時間パック、5時間パック、6時間パックとあり、3時間で1,000円前後です。先に滞在時間決めることで割安になるシステムになっています。
トランクルームよりは割高ですが数千円でとりあえず宿泊できますし、シャワーも完備しているところがほとんどです。
シャワー以外にも食事もでき、料金が安いとメリットがあります。
ただ布団やベッドではなく椅子(’リクライニングチェア)ですので身体を伸ばしてリラックスすることができません、

「終電を逃した」「一泊だけ」などの緊急事態でもトランクルームに泊まるのはやめたほうがいい

なにかの緊急事態でとりあえずトランクルームに泊まることを思いついても、それはやめておいた方がいいでしょう。
今のトランクルームは防犯カメラなどセキュリティがしかkりしていてすぐに発見されてしまいます。

もし、見つかってせっかく借りたトランクルームを強制解約になってしまっては大変ですからね。